アンチエイジング化粧品とは、老化が原因の肌トラブルを防ぐもの

年齢を重ねていくと、たるみや小ジワ、くすみなどが気になります。これら肌細胞の老化によって引き起こされるトラブルを、予防したり回復したりするのかアンチエイジング化粧品。老化していく肌細胞にまで働きかけて若々しい状態をよみが・・・

細胞レベルにまで深く働きかける。そこが今までの化粧品とは違う点

従来の小ジワやたるみに対応する化粧品との違いは、働きかけるレベルにあります。たとえば小ジワの場合、今まではたっぷり保湿する、肌表面を引き締める、古い角質をクリアにして溝を浅くするなど対症療法が主。ところがアンヂエイジング・・・

高性能はあたりまえ。心地よさとの両立が重要

「今までのアンチエイジング化粧品は、肌の老化全般に対応する漠然としたものでした。でも、人生80年の時代。80歳になっても今の40歳、50歳の肌を保ちたいというのが、女性たちの切実な願い。顔を老けて見せてしまうたるみ、シワ・・・

修復するだけでなく老化を予防する時代です

レチノールのブームを加速させた パワA や、疲れた肌を回復させるビタミンCにこだわった フォースC など、アンチエイジング化粧品の話題をりードしてきたヘレナルビンスタイン。「私自身、多忙でたるみやくすみなどひどいトラブル・・・

ひとつの化粧品でマルチな悩みに対応

肌の悩みはひとつではありません。目尻の小ジワ、フェイスラインのたるみ、目の下のくま、くすみ。それらを同時にケアするには、小ジワ用の美容液、たるみ用のマッサージ科などいくつもの化粧品を使わなくてはいけませんでした。「特に4・・・

今のキーワードはDNA。予測美容の時代に!

「90年代、肌のメカニズムがより深いレベルまで解明され、アンチエイジング化粧品が登場しました。将来はもっと進化して、DNAに働きかけて未来の老化を食い止める予測美容の時代に。若々しい肌を長くキープすることができるようにな・・・

肌の働きをレベルアップさせて若々しい肌に!

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、肌の組織と同じ成分をたっぷり投人して肌が元気になったとしても、それは一時的な効果。根本的な解決にはなりません。「最近のアンチエイジング化粧品の期間は、たとえばコラーゲンをただ投入するだけでは・・・

20代の肌トラブルは表皮でのできごと

肌は、大きく分けて3つの層から成り立っています。肌表面の角質層を含む。表皮がいちばん上にあり、もっとも奥深くにあるのが真皮。表皮と真皮を分けているのが基底層です。 小ジワやたるみ、くすみなどの悩みは、20代や30代でもあ・・・

40代の肌トラブルは真皮レベルの深い問題

30代も後半になると、そう簡単には回復しません。それは、肌そのものが老化して回復力が衰えてきていることに加えて、長年のダメージが積み収なって、肌のもっとも深い真皮のレベルにまでトラブルが入り込んでいるからです。 真皮は、・・・

真皮の弾力を取り戻すことが老化の予防

肌のハリや弾力、なめらかさを保っているのは、真皮が健康で丈夫だから。逆に言えば、加齢などでダメージが真皮にまで達すると、たんぱく繊維が変性してゆるみ、肌表面をふりくらと持ち上げていることができなくなります。すると、肌が硬・・・



(スポンサードリンク)


このページの先頭へ